ネイルスクールが学生数を増加させたいときには、利用することができる年齢層を拡大するというやり方があります。また、高卒や大卒そして社会人といった制限をせずに、色々な人が通えるという体制にしておきます。このようにすることによって、通う学生の数を大きくするということを期待できます。また、主婦も対象に含めていき学生としてスクールで学ばせていくという手法が存在しています。このとき、子供がいる主婦に関しては保育園を用意しておくというスタイルがあります。
ネイルスクールに保育園を設置しておき、子供がいる人でも通うことができるようにしておきます。これは、子供がいる人の立場からすると預かってくれるところが存在するという利点があります。そのため、スクールに通っている間に子供の面倒を見てくれるところを探す必要性が無くなります。
これらのことから、ネイルスクールが主婦を呼び込むために保育園を設置することには利点があります。なお、設置を行うときにはどのようにしていくのかを考えたりすることがとても重要となってきます。それと同時に、運営の方式をどのようにしていくのかということも併せて検討することが求められることになります。

ネイルスクールが保育園を運営するときの形として、直接行うという場合と委託をするという形式を考えることが可能です。ネイルスクールが直接行っていくときには、次のようなことが必要となってきます。開設の許可を求めることや保育園を建築する場所を見つけること、その他にも人材の確保など様々なことがあります。また、直接運営していくという方式ではそれを担当する部署の設置といったことも不可欠になります。また、主婦が子供を預けるときにおいてはそのときに発生する事務手続きといった仕事に関しても考慮することが大事です。
一方で、委託をするということにおいてはそれを行ってくれるところを探すことが求められます。なお、委託という形式においてはそこに任せるということになるため、ノウハウが必要ありません。
なお、保育園開設においては場所を必要としますが、その候補の一つにスクール内に儲けるという手段があります。そのようにすることで、主婦の人が子供と一緒に登校することができるという利点があります。さらに、スクール内にあるということを宣伝して、集まりやすくするということを期待できます。なお、主婦にとっては子供の送迎においてスクールの中にあることで負担が減少するという効果があります。